監理技術者講習について

監理技術者講習とは?

株式会社総合資格は、建設業法第26条の4の規定に基づき、国土交通大臣の登録講習実施機関(登録番号7)として、「監理技術者講習」を開催しています。
平成20年11月28日より施行の建設業法により、公共工事だけではなく、民間工事でも「公共性のある施設もしくは工作物または多数の者が利用する施設もしくは工作物に関する重要な建設工事*」には「監理技術者資格者証」と「監理技術者講習修了証」を所持する専任の監理技術者が必要となりました。

* 重要な民間工事のほとんどのものが該当
公共性のある施設または工作物に関する工事(鉄道、道路、橋、堤防、ダム、港湾施設、上下水道、学校、工場、病院、共同住宅に関する工事等)であり、請負代金の額が3,500万円以上(建築一式工事の場合は、7,000万円以上)のもの。

講習の対象者

1. 指定建設業「7業種」(土木、建築、電気、管、鋼構造物、舗装、造園)における1級国家資格等を所持する者。

(1)建設業法による1級技術検定合格者
(2)建築士法による1級建築士免許を受けた者
(3)技術士法による第2次試験の合格者

2. 指定建設業以外の「22業種」及び、実務経験による資格要件にあてはまる者。

上記に関するお問合せは、下記「財団法人 建設業技術者センター」にお問い合わせください。

財団法人 建設業技術者センター
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア4F
http://www.cezaidan.or.jp

監理技術者講習の指導科目

1. 建設工事に関する法律制度
2. 建設工事の施工計画の作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理
3. 建設工事に関する最新の材料、資機材及び施工方法

監理技術者講習の時間割

会場ごとに別に定める日程で、【1日間(約6時間)】の講習となります。

9:30 開始
時限 内容
ガイダンス 講習の目的・本日の講義内容等の説明
1時限 第 I 章 : 建設産業を取り巻く経済社会の状況
休憩
2時限 第II章 : 建設工事における技術者制度
第III章 : 建設工事における施工管理と最近の制度動向
昼休み(50分間)
3時限 第IV章 : 建設工事における安全対策と技術基準
第V章 : 建設工事における環境対策(前編)
休憩
4時限 第V章 : 建設工事における環境対策(後編)
第VI章 : 最近の技術動向
休憩
修了試験 講習修了証の交付
修了証交付 講習終了案内・免状の返却

※講義の内容および進行は、状況により変更する場合があります。予めご了承ください。

修了証有効期間について

監理技術者講習修了証の有効期間は、監理技術者講習受講日(講習修了日)を起算日とし「5年間」です!

監理技術者講習資格者証の交付申請について

監理技術者資格者証の交付申請及び交付は、当社では実施しておりません。財団法人建設業技術者センターの各支部へお問い合わせください。

監理技術者資格者証の交付申請に関するお問い合わせ先

財団法人 建設業技術者センター
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア4F
http://www.cezaidan.or.jp

  • 受講申込をする
  • 事前登録を申し込む
  • 第一種電気工事士定期講習
  • 監理技術者講習
  • 宅建登録講習
  • 宅建登録実務講習
  • 建築士定期講習
  • 管理建築士講習
  • マイページ
  • 法人様専用ページ
  • よくある質問
  • 申請書ダウンロード
  • 受講期日連絡サービス
  • 教室検索